タグ別アーカイブ: 界面活性剤

春の乾燥対策!

04-2b

梅香るこの季節、少しずつ春の温もりを感じ始めるこの頃です。
とは言え春の乾いた空気は、お肌がパリパリした感じになる嫌な季節でもあります。

乾燥対策は、界面活性剤を使わないボディエマルジョンLFやボディローションをおすすめですが、更に保湿を高めたい方には、もちろん界面活性剤を含まないインターセルラーやインターロゼバーム、ペロゥバームがおすすめです。
クリームとは全く内容成分が違うこの商品は、乾燥対策におすすめです。
安心してお塗り頂けます。商品(美容液)のご案内は、こちらをご覧ください。

04-3pelle


界面活性剤
とは、水と油を混ぜると本来分離しますが乳化剤を使用して乳液やクリームを作ります。
お肌にこれらを塗るとお肌の大切な皮脂膜も乳化させます。
皮脂膜が出来にくくなると外的な刺激から守ることが出来なくなり、結果お肌は赤みが出てきたりピリピリ、湿疹が出やすくなります。

この状態のお肌は、細胞の働きも異常になり皮膚が厚くなります。
細胞にとっては一生懸命に働いた結果なのですが、お肌はガサガサ・・・
ヒトは、なんとかしないと焦りの気持ちになりまたクリームの上塗り・・・
この悪循環は細胞にとって過酷なことになり細胞の働きに狂いが生じ異常な働きをしてしまうことになってしまいます。

少しの乾燥肌から痒みが出だした頃に気を付けて対処されるとトラブルを防ぐことができますので是非、お試しください。

乾燥がひどい時は、泡立つボディシャンプーや石ケンなどを止めてお湯で洗い流すだけにしてみてください。大切な皮脂を残します。

お肌のご相談は、年齢問わずお気軽にお越しくださいませ。
素肌美を蘇らせるお手入れをご指導いたします。
   
不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。
               ケイフリー Tel:06-6372-1911